目指そう!声優

あかり先生と一緒に、プロの声優を目指す指南ブログです。ボイスサンプル原稿(兼、練習用台本)の掲載本数No.1を目指します。

MENU

【スポンサーリンク】

あなたはどこから目指す?声優になる方法3パターン

広告

みんな、元気かしら?

最初の記事では「声優になる方法」についてレクチャーしていくわ。
アドバイスなんかも交えながら、お話していくわね。

【目次】

はじめに

声優になるには、大きくわけて3つの道があるわ。


①一般公募の作品オーディションに合格して、そのままデビューする。

②事務所の所属者オーディションに合格して、デビューする。

③専門学校(スクール)や養成所で学び、卒業後、各事務所の所属オーディションに合格して、デビューする。


デビューが早いのは、①か②。
早くデビューしたいなら、さっさとオーディションに受かっちゃうことね。

でも、オーディションに受かるのは、ほとんどが演技や歌の経験者。
演技の方法も発声の仕方も学んでいない初心者さんにとっては、かなり厳しいわ。

声優の勉強をしたことがないのなら、まずは専門学校や養成所を目指すのが、賢い選択じゃないかしら。


では、①〜③の方法について、詳しく解説していくわね。

①「一般公募の作品オーディションに合格して、そのままデビューする」方法


作品オーディションというのは、作品の制作が既に決定していて、「そこに登場するキャラクターに合った声を探す」ためのオーディションよ。

過去に有名なものは、マクロスシリーズの歌姫オーディションや、ミルキィホームズのエリーを探せオーディションかしら。


作品オーディションの一般公募は、かなりレア。
倍率も相当高いわ。
だけど、大きな作品に出演が決まれば、一気にシンデレラガール・シンデレラボーイになれる大チャンス!


ただし、募集要項はきちんと読むこと。
合格したら、提携している事務所へ所属するケースが多いわ。
未成年は親御さんの許可が必要なので、きちんと相談して、許可を得てから応募しなくちゃダメよ。


さて、
オーディションを受けるには、オーディションを探すところからスタートよ。

オーディションの情報は、主にインターネットで知ることが出来るわ。

あるいは、本屋さんで売っている『月刊オーディション』などの雑誌にも、声優オーディションの情報は載ってるわね。

履歴書も付いてるし、オーディションの基礎知識なんかも特集されてるから、買って損はないわ。


ネットで探すのなら「声優 オーディション」で検索すれば、かなりの情報を得られるはず。

オーディション情報をまとめているサイトもあるから、参考にすると便利よ。
常に情報を見逃さないように、ブックマークしておくといいわね。


気をつけてほしいのは、中には「悪質なオーディション」もあるということ。
オーディション詐欺や、オーディション商法と呼ばれるものね。
いずれ詳しく記事にまとめるわ。

怪しいと思ったら、必ず親や周りの人と相談すること。
ヤバイと思ったら、逃げること。

いずれ、詳しく記事にするわね。

②「事務所の所属者オーディションに合格して、デビューする」方法


所属者オーディションは、声優事務所が定期的に、「事務所の所属声優、または、すぐに所属声優になれそうな人材を探す」ためのオーディションよ。

こちらの方法も、デビューにはかなりの近道だけど、倍率は高いわ。
作品オーディションよりはマシかもしれないけどね。


有名なのは、81プロデュースが毎年夏に開催する「81オーディション」や、
大沢事務所、シグマ・セブン、ケッケコーポレーションなどが開催するオーディションかしらね。


かなり難関だけど、合格すると、事務所に「所属、準所属、預かり」などの高待遇なランクで迎えられるの。
お仕事を回してもらえる確率は高いわ。

大手事務所マネージャーの「推し」になることができれば、どんどん現場に出してもらえるわよ。


ただ、同じ「合格」でも、「養成所合格」という合格ランクもあるの。
「あなたは、当事務所の付属養成所の、○クラスに合格されました。おめでとうございます。」
というような。

これは、ハッキリ言って、その事務所からあまり期待されていないわね。

入所金免除、授業料割引などの特典がついた合格ならまだしも、
単に入所案内だけなら、入所は見送った方が身のためだと思うわ。

なぜなら、養成所生をカモにして、儲けている事務所もたくさんあるから。
そういった「養成所ビジネス」については、また後日、詳しく記事にするわね。


ちなみに、事務所オーディションは、すべての事務所が行っているわけではないの。
「どうしてもここに入りたい!」って事務所がある人は、その事務所が所属者オーディションが行っているかどうか調べる必要があるわよ。

③「専門学校(スクール)や養成所で学び、卒業後、各事務所の所属オーディションに合格して、デビューする」方法


少し時間はかかるけど、一番堅実な方法は、これね。

声優やお芝居の勉強をしたことがないのなら、まずはスクールに通うのがおすすめ。


専門学校と、事務所の付属養成所があるけれど、どちらを選んでも一長一短ね。

しいて言うなら、
「どうしてもその事務所に入りたい」というのならば、そこの付属養成所へ入るのが近道。

「いろんな可能性を考えたい」「特にこだわりはない」のなら、専門学校へ入るのが一番良いんじゃないかしら。


また、特定の専門学校からしか、入所できない事務所もあるわ。
入りたい事務所に付属養成所がない場合は、各専門学校のパンフレットを見て、卒業生の進路先にその事務所があるかチェックしてね。


専門学校と養成所の違いは、簡単にまとめると、こんな感じね。

【専門学校】
長所

・最終的に、自分を気に入ってくれた事務所に入ることが出来る。
・先生がたくさんいるので、多彩なノウハウを学べる。
・同級生や卒業生が多いので、業界に知り合いが増える。
・認可校ならば、短大卒資格が取れる。

短所
・とにかく生徒が多いので、先生の指導が行き渡らない。
・行事(舞台発表)などで、時間やお金がかかる場合がある。
・先生によって教えることが違い、混乱することも。

【付属養成所】
長所

・養成所期間中でも、気に入られれば事務所所属に上がることが出来る。
・マネージャーが見に来ることもあるので、頑張れば仕事に直結する。
・長い目で見てもらえる。
・金額が比較的安い。

短所
・その事務所に気に入られなければ、ずっと所属になることはできない。
・先生は少ないので、教える内容に偏りができてしまう。
・専門に比べ、舞台など、人前に出る経験が積みにくい。


もちろん、この情報だけで、どちらにするか決めるのは早すぎるわ。
これは参考程度にしてね。



進路を選ぶうえで大切なのは、
各学校のパンフレットを請求したり、説明会や見学、体験ワークショップに行って、
「自分の肌に合う」
「ここで学びたい!」
と思える所を見つけること。

自分の進む道は、自分の意思で決めること。
これは声優になるにあたって、この先ずっと大切なことよ。

まとめ

以上の3パターンが、声優デビューするためのポピュラーな進路かしら。

もちろん他にも声優になる方法はあるわ。

子役出身者の声優には、浪川大輔さん、坂本真綾さん、悠木碧さん…など、挙げたらキリがないくらい、たくさんいるし。

聞いた裏話だけど…、
花○夏樹さんは、事務所に出向いて、直接入所を申し込みに行ったという話もあるわね。
ニコニコ動画での活動が目に止まって、レッスン生に編入したそうだけど…。
まあ普通の人なら、99.9%、門前払いにあうわよ。

また、アイドル出身の秦佐和子さん、モデル出身の小林ゆうさん、などなど…。

必ずしも他人と同じ進路で声優になった人ばかりではないわよね。

最近は、声優業界も色んな人材を探しているわ。
どこにチャンスが落ちているか分からない。


常に自分を磨き続けていきましょうね!