目指そう!声優

あかり先生と一緒に、プロの声優を目指す指南ブログです。ボイスサンプル原稿(兼、練習用台本)の掲載本数No.1を目指します。

MENU

【スポンサーリンク】

【声優ボイスサンプル用フリー原稿集】女性編 初心者でも上手く聞こえる、オススメ台本(アドバイスつき)

広告

 ボイサン用 セリフ集 女性編
女性向けの、比較的キャラがつかみやすく、演じやすい(感情の起伏や演出がつけやすい)台本をまとめました。

f:id:withteacher:20180915170516j:plain

※こちらの声優さん向け台本は、無料(フリー)でお使いいただける、オリジナル原稿です。
原稿の使用・著作権についてはこちらをご参照ください。
※(セリフの長さの目安)は、あくまで「目安」です。
※おまけとして、ページ下部には「ひとくちアドバイス」も掲載しております。参考にしてみてくださいね。

ボイスサンプル原稿 セリフ 女性編 ①

女性セリフ1ちょっとストップ!全然心こもってないじゃない。
好きなんでしょ?わたしのこと。そんな告白じゃダメ!やり直しよ、やり直し!
…だって、二人の最初の思い出でしょ、告白って。大切にしたいの…。
だからもう1回、やり直し!

(セリフの長さの目安:20~25秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*1(ページ下部へ飛びます)


女性セリフ2おはようございます、社長。
今日のご予定は、まず…。
え!?それは困ります!気分がのらないからキャンセルなんて、そんな理由!
社長。先方や社員に頭をさげるのは、私なんですよ。怒鳴られたり、呆れられたり…。私、 もう嫌です…うう…。
そうですか?では、今日はまず11時から、社内会議です。
がんばってください。社長の 大好きなクリームワッフル、あとから差し入れしますから。

(セリフの長さの目安:35~40秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*2(ページ下部へ飛びます)


女性セリフ3実は、本物の試合で魔法陣を書くのは、まだ二回目なんです。なのに、あんな強敵と戦うことになるなんて…。わたし、本当は不安でいっぱいです…。
でも、先生がそばに居てくれるから、なんだか、がんばれる気がします。
見ていてね、先生。わたし、きっと成功させてみせます…!

(セリフの長さの目安:20~25秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*3(ページ下部へ飛びます)



女性セリフ4仕方のないことさ。魔王の居城には、とんでもなく凶悪なバケモノ達がウロウロしてるんだからね。あんたが逃げたくなるのも無理はない。
だけど、あたしたちには、あんたの力が必要なんだ。
一緒に戦えとは言わない。あんたはあんたなりのやり方で、あたしたちに協力してくれないか?

(セリフの長さの目安:20~25秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*4(ページ下部へ飛びます)

広告

女性セリフ5へえ、新人アイドル対決ですか。おもしろそうですね。
で、誰ですか?この対戦相手のマリンズって。
ああ!あなたたち、アイドルだったんですか?
あんまりオーラがないんで、新しい ADさんかと思っちゃいました~!
ふん、わたしたちに勝負を挑むなんていい度胸ですね。
どうせ可愛いほうが圧勝しちゃうから、つまんない番組になっちゃうんじゃないですか?ねぇ、プロデューサー?

(セリフの長さの目安:30~35秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*5(ページ下部へ飛びます)


女性セリフ6でも…つまらないわ。
せっかく夏の海に来たのに、潮風の香りを感じる暇もないなんて。
ふふ、本当にお兄様はせっかちね。
ねえ、来年は、みんなで来られるわよね。お兄様も、お父様も、一緒に。
そうだ、誕生日プレゼントにお願いしようかしら。家族みんなで、ここを旅行するの。
お父様は、毎年必ず欲しいものをくださったもの。きっと、叶うわよね。

(セリフの長さの目安:30~35秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*6(ページ下部へ飛びます)


女性セリフ7お母さーん!今日のご飯はハンバーグって言ってたじゃない!なんでよりによって、わたしの嫌いなピーマンの肉詰めにしちゃうの!?
…えっ、マサトさん、今日うちで夕飯たべるの!? マサトさん、ピーマンすきだから、仕方ないかぁ…うふふ。
って、こんなことしてる場合じゃない!メイクと髪型直さなきゃ…! もう、お母さん!今度からもっと早く教えてよね!

(セリフの長さの目安:20~25秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*7(ページ下部へ飛びます)



女性セリフ8あの、立候補者がいないようでしたら、わたしが。
いえ、きっと両立できると思います。
教務室へ日誌を届けるついでに、花壇に水遣りをすれば、すぐに終わりますから。
えっ、方向が全然違う!?そ、そうですか!わたし、勘違いをしていて…!
でも、お花は好きですし、ぜひらやらせていただきます。
心配しないでください。わたし、こう見えてけっこうしっかり者なんです。

(セリフの長さの目安:30~35秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*8(ページ下部へ飛びます)

【オススメ記事】
www.ayatoshi.com

www.ayatoshi.com


【合わせて読みたい】
当ブログの全てのボイスサンプル原稿は、こちらのページにまとめられています。
自分に合った台本がなかった方や、もっと色んな題材を稽古したいという方は、ぜひご参照ください。
www.ayatoshi.com
【こちらもどうぞ】女性声優セリフ集2
www.ayatoshi.com
広告


★声優事務所や養成所、スクール、専門学校、オーディション提出用・審査用のボイスサンプル原稿を準備するなら、オススメ台本多数の当サイトにおまかせ!
探しやすい・見やすい!あなたに合った原稿が見つかるから、合格率もあがる!芸能界への夢を叶えましょう!


【ひとくちアドバイス】 

*1:この台本は、年齢設定は自由です。中学生のウブな恋愛でも、高校生の青春でも、大人の女性の小悪魔的な恋愛でもハマると思うので、いろいろシチュエーションを変えて試してみてくださいね。 最初の部分のセリフと、「…だって、(中略)大切にしたいの…。」という中盤部分のセリフは、はっきりと演じ分けてみましょう。シチュエーションによって演じ方は変わると思いますが、例えば、はじめは強気でツンツン、上から目線(単なる照れ隠し?普段からそういう関係?)な感じで演じて、中盤のセリフは恥ずかしいながらも本音を言っちゃう感じです。聞いてる人をキュンとさせちゃいましょう!

*2:年齢は特に定めていませんが、20~30代くらいでしょうか。秘書という設定なので、滑舌はきれいに読みましょう。すぐさぼりたがるダメダメな社長を、最後には仕事に向かわせ、うまい具合に手なずけています。「私、もう嫌です…うう…。」で女の子の武器である「涙(泣きの芝居)」を使って、社長を仕事に向かわせざるを得ない状況にしてしまいます。「え!?」や「そうですか?」は相手の反応を見て、表情が変わるセリフです。ガラッと表情やテンポ、声の音程を変えてみましょう

*3:シチュエーションは、魔法学校のバトルトーナメントという、少しファンタジー要素のある台本です。年齢は小学生~高校生くらい。 気弱な女の子が、先生のために頑張るという決意を見せるシーンなので、「先生に不安を吐露しながらも、決意を固めていく」という心情の流れを上手く表現してみてください。これを聞いている“先生”が「この子、成長したな」と感動できるくらい、ラストのセリフは堂々と希望に満ちた感じでキメましょう。

*4:サバサバとした、姉御肌のキャラクターです。オーソドックスにかっこいい女性の声でもいいし、セクシーな女性でもいいし、意外と可愛らしい声でもハマるのではないのでしょうか。(例えば釘宮理恵さんや田村ゆかりさんのような。) このセリフは、魔王の城へ乗り込むことに怯えて一度逃げ出した仲間を、慰めながらも、逃げずに協力してくれるよう諭すシーンです。ぶっきらぼうな口調ながらも、このキャラクターが持つ仲間思いの優しい一面が見えるような仕上がりになると良いかと思います。

*5:自信満々で生意気なアイドルです。主人公のライバル、という感じでしょうか。嫌味(皮肉)を言っているシーンなので、すこしねちっこく、わざとらしい感じで表現すると個性を出しやすいかと思います。最後はプロデューサーさんに媚びを売るような感じでもいいし、プロデューサーを見下した感じでもいいかもしれません。

*6:何か問題があって、父とは一緒に来られなかった…でも、来年は家族みんなで一緒に来たいと願う、すこし切なく、シリアスな台本です。キャラクターは育ちのよさそうなお嬢様という感じでしょうか。純粋・ピュアでおっとりしたお嬢様にしてもいいし、活動的で表情がコロコロ変わるような元気なお嬢様でもかわいいと思います。

*7:「自分勝手でわがままな性格だけど、元気いっぱいで憎めない」という感じの、中高生の女の子です。マサトさんに恋愛的な憧れを持っているという設定です。憎めないキャラクターのコツは、ねちねちと怒らずにストレートに感情を表現すること。「素直さ」がカギです。台本の流れは「お母さんに怒って文句をいう」→「マサトさんのことを聞いて驚く」→「マサトさんのことを考えてニヤニヤする」→「マサトさんに会う為の準備をしなきゃと気づき、焦る」→「再びお母さんに文句をいう」と、表情がころころ変わります。表情を切り替える練習用の台本として、トライしてみてくださいね。

*8:真面目だけど、すこし天然な女の子です。ふわふわ系の女の子で演じてもいいし、ハキハキ元気なドジっ子で演じてもいいと思います。あなたのイメージに合わせて、変えてみてください。余裕のある方は、どちらも練習してみてくださいね。「えっ、方向が…」のセリフは、ちょっと驚きつつ慌てたほうが、天然な感じが出て可愛らしいかもしれません。最後のセリフはいわゆる「落ち」なので、ドヤ顔で言ってみましょう。