目指そう!声優

あかり先生と一緒に、プロの声優を目指す指南ブログです。ボイスサンプル原稿(兼、練習用台本)の掲載本数No.1を目指します。

MENU

【スポンサーリンク】

【練習・音声投稿用】かけあい台本 二人用(男性1・女性1)

広告

かけあい台本 二人用(男性1・女性1) 【所要時間:約4分30秒~5分】

f:id:withteacher:20180915212320j:plain

フリーで使える、掛け合い稽古用台本です。
同期やクラスメイト、友達との練習はもちろん、ネット上でのボイスコさん(ネット声優さん)同士の、ボイス投稿サイトやアプリでのコラボ用原稿としてもどうぞ。
ワークショップでの教材が足りずに困っている講師の方も、ぜひご利用ください。

会話劇なので、相手の反応を見ながら、自分のお芝居を相手にぶつけてセッションしてみてくださいね。
個人的な見解の注釈アドバイスもつけてありますので、参考までにどうぞ。

【登場人物】遥(はるか):女子高生
涼(りょう):男子高校生

広告


【台本】

遥「こんなところにいたんだね。」

涼「なんだよ。」

遥「ねぇ、教室に帰ろうよ。みんな心配するよ。」

涼「しないよ、誰も。」*1

遥「そ、そんなことないよ!みんな心配する。」*2

涼「嘘つくなよ。俺一人いなくなったところで、みんなが心配なんかするわけないだろ。いつも通りに授業を受けてるさ。どうせまた、お前だけ抜け出して探しに来たんだろ。」

遥「それは、その通りだけど…。」

涼「バカなやつ。」

遥「バカじゃないもん。」

涼「バカだよ。俺なんかと一緒に授業さぼってたら、お前まで成績さがるぞ。ほら、優等生ちゃんはさっさと教室に戻れよ。」*3

遥「優等生ちゃんじゃない。」

涼「何言ってんだ、東京の有名私立大学目指そうってやつが。」

遥「優等生じゃなかったよ、前は。優等生になれたのは、勉強、教えてくれたから。」*4

涼「ああ、そんなこともあったかな。」*5

遥「ねえ、忘れちゃった?約束。」*6

涼「約束?」

遥「やっぱ、覚えてないか。わたしたちが中学生の頃にさ、その…。」*7

涼「覚えてるよ。」*8

遥「え。」

涼「二人であの大学に行こうって、決めたことだろ。」

遥「うん…そう、一緒になにかのテレビドラマを見てて、そこに写ってた大学生たちがすごく楽しそうで、素敵で、わたしたちもいつかあの学舎に通いたいねって。
てっきり、もう忘れちゃったんだと思ってた。」*9

涼「覚えてる。忘れたことなんてない。」

遥「じゃあ、どうして…どうして勉強、やめちゃったの?こんなふうに授業をさぼるの?あんなに一緒に頑張ってたのに!」

涼「お前には分かるわけない。」

遥「分かんないよ!分かんないから、教えてよ!」

涼「怒るなよ。」

遥「怒ってない。…どうしてなの。」

涼「言えない。」

遥「教えてくれるまで、ここを動かない。」*10

涼「お前、バカか。」*11

遥「バカでいいよ。わたしにも分かるように、教えて。」

涼「はぁ。じゃあ話すけど。」

遥「うん。」

涼「別に同情とかするなよ。」

遥「うん。」
*12

涼「俺、大学行けなくなったんだ。親父の会社が倒産して、借金だらけ。だから、俺も卒業したらすぐ就職することになった。」

遥「…なんで。」*13

涼「こんなことになるなら、工業高校とか商業高校に行っておけばよかったな。大学に憧れて、なんにも考えずにこんな頭でっかちな高校選んで、バカみたいだ。今すぐやめた方がいいかもしれないよな。」*14

遥「なんで、教えてくれなかったの。」

涼「別に。言ってもお前には迷惑なだけだろ。それに、頑張って勉強してるお前の邪魔、したくなかった。」

遥「邪魔になんて、なるわけない!大学なんて、ほんとはどうだっていい。わたしは、あなたとずっと一緒にいたかったの。大学生になっても、大人になっても、ずっと一緒に笑ってたかった。だから頑張ってきたの。一緒にいられないなら、頑張っても意味ない!わたしも勉強なんてやめる。」*15

涼「はあ?そんな、受験はどうするんだよ。親だって悲しむだろ。」

遥「親なんてどうでもいい。」

涼「こうなるから言いたくなかったんだ。」

遥「だって…。」

涼「いいか。お前はちゃんと大学に行け。行けなかった俺の分まで、いっぱい学んできてくれ。それでさ、いつか俺も親父みたいに会社を作るから、大学で学んだ知識を使って、俺を助けてくれよ。ずっと、一緒に。」*16

遥「…。」

涼「な、なんてな!嫌だよな、俺みたいなやつの手助けなんて。」

遥「ううん、それ、すごく素敵だよ。」

涼「そうか?」

遥「うん!お手伝いしますよ、社長!」

涼「はは、まあ、よろしくな。」

遥「ていうか…『ずっと、一緒に』って、さっきの、もしかしてプロポーズ?」

涼「は?ち、ちげぇよ。」

遥「ふふふ、まあいいや!最初の助言。授業はちゃんと受けないといけませんよ、社長。」

涼「はあ?」

遥「だって高校は、一緒に笑顔で卒業したいじゃん。さ、教室に戻ろ。」

涼「まったく…調子のいいやつ。わかったよ。」


end

広告


以下、演出のちょっとしたアドバイスです。

*1:遥に早く去ってほしいと思っているので、少し冷たくてもいいかもしれません。後半に見せるやさしさとのギャップも演出できます。

*2:これは本当は嘘ですが、涼に教室に戻ってほしいので真剣に嘘をつきます

*3:最後は冗談めかして、遥を帰そうとします。

*4:少し、昔のことを思い出して感傷にひたりながら

*5:ごまかして流す感じで

*6:遥にとって「約束」は大切なもの。壊したくない昔の思い出です。

*7:明るく表情を繕おうとしながらも、少し悲しい気持ちをにじませてみましょう。

*8:遥の少し悲しそうな顔を見て、思わず、あるいは心苦しくなって、本当のことを言う

*9:最初は、覚えていてくれて、素直にうれしいという気持ち

*10:真剣に

*11:少しあきれて、でも遥の真摯な表情を見て、話す決心がつきつつある

*12:2つの「うん」が全く同じにならないように。「同情」という言葉から、涼になにかつらいことがあったと察するかもしれません

*13:あまりのことに驚きながら

*14:自分にとって辛い出来事を、ネガティブな冗談を言いまくってごまかそうとする感じ

*15:遥の感情が爆発するシーンです。言ってることは支離滅裂なので、すこし子供っぽく演じてもいいかもしれません

*16:大切な夢を語る感じで。「ずっと、一緒に」は後半で遥のセリフに出てくる言葉なので、少し印象に残る感じで演じるのが良いかもしれません