目指そう!声優

あかり先生と一緒に、プロの声優を目指す指南ブログです。ボイスサンプル原稿(兼、練習用台本)の掲載本数No.1を目指します。

MENU

【スポンサーリンク】

今週の■滑舌ノック■ Vol.2 (9/24更新)

広告

毎週月曜更新!「滑舌ノック」のコーナーです。
f:id:withteacher:20180915153924j:plain

※「滑舌ノック」とは?→こちら

今週も、楽しみながら頑張りましょう♪

【目次】

広告



いつもの、ノドの準備体操

最低限のノドの体操です。

深呼吸して、肺と身体を目覚めさせよう!
②優しく何度かハミングして、喉を温めよう! (決して力まずに)
リップロール(唇ぶるぶる)とタングロール(舌ぶるぶる)で、顔や口を温めよう!
「あーー」とロングトーン(長音)を伸ばしたまま、音を自分の地声~出せる最高音まで上げる。次は、地声~出せる最低音まで。
(無理は禁物です。毎日少しずつ音域と肺活量を伸ばしていきましょう!)

大声を出す前には、もっと念入りに準備を行なってくださいね!
※しっかりウォーミングアップしたい方にオススメの本→こちら

それでは、今週の「滑舌ノック」課題文です!

広告


今週の滑舌ノック!


■早口言葉■

※便宜上「早口言葉」という言葉を使っておりますが、早さよりも正確性を重視して練習してくださいね!
ゆっくり正確に読めるようになったら、徐々にスピードアップしていきましょう。

早口言葉 Lv.1

私に渡し舟を渡して」×3
(わたしに わたしぶねを わたして)

早口言葉 Lv.2

オオサンショウウオの独特な関節技」×3
(おおさんしょううおの どくとくな かんせつわざ)

早口言葉 Lv.3

見誤って見合わせる」×5
(みあやまって みあわせる)


■初見漢字対策■

漢字たっぷり短文

漢字がたくさん含まれた、小難しい(?)文章です。
今回はジョージ・オーウェルの『作家とリヴァイアサン』という名著から抜粋しました。
こういうナレーションって、NHKや教養系の番組で時々流れますよね!

どの言葉を立てるのか、どこを強調するのか、細かいところまで気を配らないと、字面を見ていない聞き手には伝わりにくくなってしまいます。
まずは黙読・素読みをして、意味をきっちり把握してみましょう!

国家統制の時代における作家の立場については、既にかなり広く論じられてきた。もっとも、それに関連しそうな証言のほとんどは、まだ利用可能になっていないが。ここで私が行ないたいのは、国家が芸術を庇護することに対して賛成や反対の意見を述べることではない。私はただ、いかなる種類の国家が私たちを支配するかは、その時の支配的な知的風潮にある程度は依存するということ、つまり、この場合で言えば、作家と芸術家自身の態度、および自由主義の精神を存続させようとする意志に依存するということを指摘したいだけである。

ジョージ・オーウェル「作家とリヴァイアサン」より。
原題:Writers and Leviathan 訳者:ミック project Sugita Genpaku
作家とリヴァイアサン


■模擬オーディションセリフにチャレンジ!■

セリフチャレンジ

今回は、男性、女性、少年…どんな方でも演じられるようなセリフを作成してみました。
所属オーディション等で出題されそうな台本です。
(練習する際は、語尾などを好みで変えてみてもよいと思います。)

声の年齢は10~30歳くらいまで、幅広く演じられる台本です。
このキャラが10歳だったら、17歳だったら、20代だったら、30代だったら…あなたはどう演じますか?
また、相手は異性でしょうか、同性でしょうか?
同じ年でしょうか、後輩でしょうか?

色んなシチュエーションが考えられる台本だと思います。
ぜひ、あなたなりにトライしてみてください!

よっ!ずいぶん思い切ったねー。
髪だよ、髪の毛!ばっさりいったね!
もしかして、失恋でもした?

えっ、まさか図星?
ご、ごめんごめん!謝るからさ!なにもここで泣かなくても…
あー、ごめんってば!もう泣き止んでよ、みんなこっち見てるからさー!

(※↑こちらの文章のみ、著作権が発生します。
「目指そう!声優より」「原稿:あかり先生」等の表記をお願いします。
詳しくはこちら)

お疲れさまでした!

今週も、夢を叶えに、一歩一歩前進してゆきましょう!
来週も月曜日に更新予定です。お楽しみに♪

―――

【Information】

↓ twitterやってます!
更新情報などを流しています。
twitter.com

当サイトの【オススメ記事】♪
今日はどの台詞を練習してみる?
オススメのセリフ台本・ナレーション原稿!
www.ayatoshi.com

今週の【オススメ記事】

www.ayatoshi.com

www.ayatoshi.com