目指そう!声優

あかり先生と一緒に、プロの声優を目指す指南ブログです。ボイスサンプル原稿(兼、練習用台本)の掲載本数No.1を目指します。

MENU

【スポンサーリンク】

はっきり言って、声優に見た目は必要ですか?

広告

こんにちは、あかり先生です。
今日は、「声優さんに見た目や容姿の良さは必要?」というテーマで話します。

自分の容姿に自信がない人には申し訳ないけれど、

「声優は声の役者だし、見た目は関係ない」という、
どんな容姿でも輝ける時代は、はっきり言って終わりました。


結論から言うと、
「声優に見た目は必要」つまり、
「声優として売れたいならば、人から好かれる見た目にならなければならない」

あとで詳しく説明するけれど、まあ、端的に言えば、人並みか、それ以上の容姿が必要。
「ブスとデブは声優になれない。」

もちろん、一昔前はそうではありませんでした。

そもそも「声優」という職業は、人気がないけど芝居もできるし声も良いという舞台役者や映像役者さん向けの「アルバイト」だったそうです。

よって当時、声優に詳しくない人たちの中には「声優は、見た目がいまいちな役者たちの仕事」というイメージを持っていた人すらいたそうです。

顔を見せることは子供の夢を壊すことにもなるし、「絶対に顔出しはしない!」という声優さんもいました。


ですが近年、アニメ好きの大人が増えてきて、声優という職は人気の職業になり、声優の競争率は跳ね上がりました。

声優は影で声をあてるという仕事だけでなく、顔を見せ、主題歌を歌い、ライブをし、ファンミーティングをするようになり…
表舞台で顔を出す職業になりました。


だから、昔なら違ったけれど、
今の時代で声優をやりたいならば、容姿は重要なポイントです。


わたしが専門学校生だった頃の裏話ですが、
大手事務所のマネージャーがオーディションで来校して審査が終わったあとに、
「ねえ、この学校、もっと可愛い子いないの?」と、スタッフに言い放ったことがあるらしいです。
(怖いね…)

広告


他にも「デブはちょっとな…」「イモっぽいな」などと言いながら審査していたとか。

その時わたしはまだ、声優は容姿よりも声や演技の上手さが優先されると思っていましたが、

大手の事務所になればなるほど、大きなプロジェクトになればなるほど、
芝居や声はそれなりでも、容姿が優れていれば良いというのが、時代の流れ
なんだなと察しました。



人気のアニメでレギュラーをばんばん取りたいならば、見た目の可愛さ・かっこよさは絶対に必要だと言い切っていいと思います。

なぜなら、見た目のいい声優さんを起用すると、圧倒的に経済効果があるからです。

彼らには、熱心にお金を落とすファン(信者)の数が圧倒的に多く、そして単なるアイドル好き・イケメン好きなライトな層のファンも囲むことができる。

会いたがる人が多いから、イベントに人を呼ぶことができる。

つまり単純に、見た目のいい役者を使うと儲かる。

だから大きな経済効果を期待しているアニメほど、見た目のいい役者を起用する傾向にあると言えます。



もちろん、派手なお仕事ではなくとも、洋画の吹き替えやナレーションをして、堅実に声優として頑張っていきたい!
という人にも同じことが言えます

特に洋画は、音響監督さんがお気に入りの役者を自由にキャスティングすることが多いですし

わたしが某洋画吹き替え教室のワークショップに、見学に行ったときの話。

___
隅の椅子に座って「男性も女性も、芸能界とは縁遠い感じの方ばかりだな~。」と自分を棚に上げて超絶失礼なことを考えていたら、
ちょっとしたモデルさんのような、かわいい女の子が入室してきたんです。
読モとかできそうな感じ。
 
ワークショップが始まって、レッスン生たちは配役にしたがって、映像にアテレコしていきます。
みなさん、洋画らしい息遣いや、絶妙な泣きの芝居も巧くて、結構すごいなあと思っていたのですが…
 
読モちゃんは新参なのか、口パクもズレてるし、セリフは噛むし、周りより明らかに劣っている感じでした。
そして驚くべきは、周りの子のほうがうまいのに、音響監督さんがひたすらその子にメインの役ばかりをやらせること。

そしてさらに驚いたのは、休憩中に音響監督はその子と、次の仕事について日程連絡していたこと。
周りには何もなし。
つまり、周りよりも下手な、かわいい読モちゃんだけに、仕事を与えているということ…。

__

「一緒に働きたい」と思われる容姿を手に入れることは、大きなアドバンテージになるのだと実感した出来事でした。

まあ、この音響監督はそんなに有名な方でもないし、もちろん音響監督全員がこんな人ばかりというわけでもないです。
いい人は本当に、熱心に声を見てキャスティングしてくださいます。
声優を育てるということに矜持を持って取り組んでいる方もたくさんいらっしゃいます。

ですが、音響監督やキャスティング担当者も、人間です。
仕事に私情を持ち込まない人ばかりとは限りません。


ここまで言うと、
「じゃあブスは整形でもしろって言うんですか!?」って怒られそうですが…。

努力次第で、見た目は絶対にいい方向に変えることができます!


絶世の美男美女にはなれなくても「人から好かれる容姿」は、努力次第で手に入ります
好かれる容姿を手に入れれば、オーディションの通過率もぐっと上がるはず。

そのためのアドバイスを今後の記事にまとめていくつもりです。
ぜひ目を通してみてください!


【オススメ記事】

www.ayatoshi.com

www.ayatoshi.com

www.ayatoshi.com