目指そう!声優

あかり先生と一緒に、プロの声優を目指す指南ブログです。台本の追加やリライトを時々行なっております。

MENU

【スポンサーリンク】

『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと』平光琢也著【オススメ本】

広告

本日は、書籍のご紹介です。

「声優を目指す人ならば、必ず一読しておくべき!」と声を大にして言いたい、そんな一冊です。

詳しくは後述しますが、この本は、巷に溢れている「よくある声優志望向けの教本とは、一線を画す一冊」だと、わたしは考えています。
これから声優の勉強を始める方にはもちろん、演技経験者にも、目からウロコの情報が満載です!


【目次】

作品データ

本日ご紹介する本は、こちらです。

平光琢也
『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと』
(幻冬舎コミックス)


パッと声優志望さんの目を惹く、強烈なタイトルですよね!

著者の平光さんは「音響監督・舞台演出家」として有名な方です。
(『遊☆戯☆王』シリーズや『HUNTER×HUNTER』などジャンプ系の作品、最近では『五当分の花嫁』などの作品にも、音響監督として参加されています。)


「音響監督」という言葉、耳慣れない方もいらっしゃるかもしれませんね。
アニメの制作現場における音響監督とは、「アフレコ現場の責任者」です。

声優をオーディションや指名で選出したり、収録現場で演技指導したりと、声優にとって大変関わりのある立場の方です。
(※この本の巻末には、音響監督がどのような仕事をしていらっしゃるのか、とても詳しく書かれています。)

声優志望の方はアニメを見るときに、キャストに注目しがちですが、ぜひ音響監督のクレジットもチェックする癖をつけてくださいね!

どんな内容?

この本の特筆すべき点は、声優を「選ぶ」立場の人が書いている、ということです。
これが、記事の冒頭で私が「よくある声優志望向けの教本とは、一線を画す一冊」だと書いた理由です。
発声や演技の基本的な指南ではなく、その一歩先を解説している、とても実務的な本と言えると思います。


私たち声優は、誰かに選んでもらえなければ、何の仕事もできませんよね。
「じゃあ、選ばれるためにはどうしたらいいの?」という疑問に対するノウハウを書いているのが、この本です。



・どのように自分をプロデュースしていくべき?セルフプロデュースって?

・オーディションでチャンスを掴みたいけど、どうしたらいいの?

・声優に求められる「演技」って何?現場から選ばれる「演技」ってどんなもの?

・読解力や表現力をUPさせるには、具体的にどうしたらいいの?


上記のような悩みをもっている方には、ぜひ、ぜひ!手に取っていただきたい本です。

もちろん、これから声優の勉強をするぞ!という方にもオススメですが、
特に「演技はそれなりにできてるはずなのに、なぜか上手くいかない。評価してもらえない。」と思っている方にぴったりの本だと思います。




広告


本作のオススメ度

本作のオススメ度… ★★★★★ (5/5)

声優として売れたい!と思っている方にとっては、買って損なしの一冊です。
文章も平易で分かりやすいですし、声優志望さん必見のオーディション事情をつぶさに知ることができるので、本を読む習慣がない方でも読み進めやすいと思いますよ!

もしあなたが声優としてデビューしたら、著者に現場でお会いする機会もあると思いますので、食事の席で話しかけるきっかけにもなりますよ♪


以上、オススメの本「売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと」のご紹介でした。


広告



【Information】

↓ 声優志望さんにオススメの本一覧はこちらのページへ。
www.ayatoshi.com

↓ twitterはこちら。 更新情報やオススメ記事をつぶやいています。
twitter.com

【スポンサーリンク】