目指そう!声優

あかり先生と一緒に、プロの声優を目指す指南ブログです。台本の追加やリライトを時々行なっております。

MENU

【スポンサーリンク】

Q.声優になるなら上京すべき?

広告

f:id:withteacher:20201003122844j:plain
こんにちは!あかりです。

本日は、複数の読者の方からいただいた「声優になるなら上京すべきですか?」という質問にお答えしたいと思います。
わたし自身も地方出身者ですので、地方在住の方の参考になれば嬉しいです!

【目次】

1.努力次第で必ず芽は出る

まず前提として申し上げておきたいことがあります。
それは「東京でも地方でも、努力次第で必ず芽は出る」ということです。

ただし、上へのぼるパイプがある環境であるなら、というのは絶対条件です!
環境選びを間違えてしまうと、夢に辿り着けません。

まず、東京でも地方でも、声優学校や養成所に入る前には必ず「到達点」を確認してください。
具体的には、「卒業生の実績」「所属者の実績」が、あなたの目標と合致するかどうかを確認しましょう。

声優学校や事務所のホームページを見れば、その学校の卒業生や事務所の所属者がどんなお仕事をしているか、おおよそ分かります。
もし「全国ネットのアニメに出たい!」という目標があるならば、そういうお仕事をしている人がたくさんいる所を目指せばいいんです。


あとは…昨今ネットで声優の募集情報を探すと、たくさんの事務所や声優学校で声優オーディションが行われていますね。
そのなかには、おすすめできないスクールや事務所も結構あります

声優デビューを謳ってレッスンを行なえばお金が入るので、声優志望さんをターゲットにした「養成所ビジネス」が年々増えているんです。
お仕事に繋がる事務所ならば良いのですが、制作会社からオーディションの情報が回ってきていないようなところは、正直「行くだけ無駄」かもしれません。
また、事務所によっては「登録料」「プロフィール作成料」として多額のお金を徴収しているような、あくどいところもあるみたいです。
そういう変な養成所に入ってしまわないように注意してください。


では、どういう事務所なら大丈夫なのかというと…
現在も第一線で活躍している声優さんが複数所属している事務所ならば、おそらく(仕事に関しては)優良事務所です。
なので、特別な理由がない限りは、そのような事務所を目指すのが良いと思います!

2.上京すべきなのか?

さて、色々書いてしまいましたが、本題です。
「声優志望者は上京すべきか?」
わたしの考えでは、本気で声優を目指すならば上京したほうが良いと思います。
もちろん、金銭面や状況をかんがみて可能ならば、です。

理由は2つあります。

3.理由①

1つ目の理由は、講師の質です。

平たく言ってしまうと、東京の方が「今売れてる声優さん・ナレーターさん」に師事できる可能性が高いのです。

声優さんが都内で授業をする場合、少なくとも半日くらいスケジュールが空いていれば可能です。
しかし地方だと移動に時間がかかりますので、一日、もしくはそれ以上の時間が必要ですよね。
移動に体力も消耗してしますし、学校側は交通費も負担しなければなりません。
そうなると必然的に、地方で講師をされる方はスケジュールに空きがある方か、その地方に住んでいる方が中心になります。

もちろん、絶対というわけではなく「その傾向がある」というレベルの話ですし、必ずしも「売れている=講師として優れている」というわけではありません。
ですが、今も現役でバリバリお仕事をしていらっしゃる方の方が、演技表現のトレンドを肌で感じていらっしゃいます。
更に、現在進行形で様々な方とお仕事されていますので、演技に対しての捉え方が柔軟です。

ですので、東京に住んで、第一線で活躍なさっている方から指導してもらうことをおすすめします。

4.理由②

2つ目の理由は、上京することによるフットワークの軽さです。

地方在住の方は痛感していらっしゃるかもしれませんが、魅力的な催し物の多くは東京で行われます。
それは、有名な声優さんや演出家が主宰するワークショップもそうですし、声優さんの出演する舞台やイベントもそうです。

とくに、ワークショップに積極的に行ってみるのは、個人的にとてもオススメです。
自分の演技について、違う角度からのアプローチを発見したりブラッシュアップしたりできます。
また、日々同じ場所で稽古していると気持ちがゆるんでしまうものですが、ワークショップに行くことで気を新たに、引き締めることができます。

もしワークショップに行くお金がないなら、色んな体験レッスンや見学に通いまくって体験レッスン荒らしをしたって別にいいんです。
同じところに何度も行くのは迷惑かもしれませんが、色んなところに顔を出すぶんには誰も怒りません。
ダブルスクール禁止の養成所もあるかもしれませんが、契約しなければOKだと思います。笑

また、声優さんの出演しているイベントや舞台を観劇するのも、演技の糧になります。
表情や呼吸や、佇まい。
演技を画面を通して演技を見たり聞いたりするのと、本人を目の前にして、生の空気感を感じながら演技を味わうのでは、やはり得るものは全く違います。

地方に住んでいると、時間的な制約によって、こういった催しに気軽に参加することが困難だったりしますよね。
「行きたい!」と思ったときに行ける、フットワークの軽さは東京に住んでこそです。

5.まとめ

上記が、わたしが上京をおすすめする理由です。

あとは、これは学校により違うかもしれませんが、生徒の質も東京の方が良いと言われています。
良い意味でギラギラしている人が多いそうです。
本気度の違いというか。
私は地方のスクールに通ったことがないので、そこはなんとも言えません。

先述したようにわたし自身は地方出身者です。
大学の入学とともに上京して、東京でスクールに通っていました。
実際に東京に住んでみて、大変なことも多いけれど、演技を追求するうえではメリットの方が多いと感じています

しかし、金銭的な問題親との問題上京への不安や躊躇があることも分かります。
わたしも大学は奨学金を使って通っていたので、借金がある状態での声優生活のスタートでしたから、金銭面では苦労しました。
親とも散々もめました。笑
それを押してでも東京で声優の専門学校に通ったことに、後悔はありません。

あなたがもしお金の不安があるならば、まずは地元で貯金して、そのあと上京して思い切り稽古に打ち込むとか。
親に反対されている場合は「3年やって大手事務所に行けなかったらやめる!」と期限付きで説得してみるとか。
そうしてなんとか頑張ってみるのも手です。

それでも上京することが難しい場合は、大手のスクールに通うのがオススメです。
具体的には、日ナレ、AMG、あたりでしょうか。
東京の子たちと同じ条件で最終オーディションを受けられるところを選んだほうが良いです。


最初に書いたように、たとえ地方でも、環境さえ整っていれば、努力によって必ず芽は出ます
微力ですが、このブログも、夢を叶える為の力になれたらいいなと思っています。
地方にいても効果的に自主稽古できる方法や、上京するにあたってのアドバイスなども、また記事にしたいなと考えているので、気長にお待ちいただけると嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

【スポンサーリンク】