目指そう!声優

あかり先生と一緒に、プロの声優を目指す指南ブログです。ボイスサンプル原稿(兼、練習用台本)の掲載本数No.1のブログを目指します。

MENU

【スポンサーリンク】

【声優ボイスサンプル用フリー原稿集】男性編 初心者でも上手く聞こえる、オススメ台本(アドバイスつき)

広告


ボイサン用 セリフ集 男性向け
オーソドックスな男性キャラクターの、比較的演じやすい(起伏や緩急のつけやすい)台本をご用意しました。

こちらの声優さん向け台本は、無料(フリー)でお使いいただける、オリジナル原稿です。
ボイスサンプルの原稿や、個人練習の題材としてもお役立てください。
原稿の使用・著作権についてはこちらをご参照ください。

※記載されている(セリフの長さの目安)は、あくまで「目安」です。
※おまけとして、ページ下部には「ひとくちアドバイス」も掲載しております。演技の参考にしてみてくださいね。

広告



ボイスサンプル原稿 男性セリフ編 ①

男性セリフ1どこにもいやしねぇな…。
ったく、あのメガネ野郎、どこほっつき歩いてんだか。
あ、いたいた。おーい!
どうだ、何か情報は掴めたか?
はぁ、ほんとにお前は役に立たねえなぁ……と言いたいところだが、実はこっちも収穫ゼロなんだ。すまん。
あ?何か言ったか、メガネ野郎。
…まあいいさ。とにかく相手の行動を読めなきゃ、こっちも作戦を立てられねぇ。
足を使って情報収集だ。ほら、とっとと行くぞ。

(セリフの長さの目安:35~40秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*1(ページ下部へ飛びます)


男性セリフ2あの、これ、おすそわけです。
いいんです、もらってください!
姉ちゃん、僕が食べ盛りだからっていっぱい作るんだけど、いつも余っちゃって、お隣のお兄さんにも食べてもらおうって…。
…もしかして、カレー、嫌いですか?
…よかった! 食器はまた、取りに来ます。じゃあ!

(セリフの長さの目安:20~25秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*2(ページ下部へ飛びます)


男性セリフ3いいや、才能あるよ、お前。
俺の経験則から言うと、お前みたいな奴が一番伸びる。
はは、「信じられない」って顔してるな。
いいか。お前が持っているのは、強くなる為に欠かせない、最高の才能。強い克己心だよ。
大丈夫だ、もっと自信持て。

(セリフの長さの目安:20~25秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*3(ページ下部へ飛びます)


男性セリフ4すごいよなぁ。ロマンだ。太古のロマン。
パパも子供のころは、恐竜博士になりたかったんだ。いつも図鑑を持ち歩いてた。
こうして実際に発掘現場を見ると、当時のわくわくした気持ちがよみがえってくるよ。
ほら、しっかり見ておけよ。そうそう見られるもんじゃない。
どうだ、すごいよな。
そうだ!お前にも買ってやろうか、図鑑。
ああ、どんなのでもいいぞ。とびっきり大きいのでも、とびっきり高いのでも。
気に入ったやつは何でも買ってやる。
ママ、そう言わないでよ。
一緒に眺めたいんだ、太古のロマンをさ。

(セリフの長さの目安:35~40秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*4(ページ下部へ飛びます)


広告


男性セリフ5悪いな、嬢ちゃん。
ここは子供の来るような店じゃねえ。とっととママのところに帰りな!
お、おい。どうしたんだ、何も泣くことはねぇだろ!
違うマスター、俺は泣かしてねぇよ!ただ「ここは酒場だから帰ったほうがいいですよ~」って教えてあげただけだ!
あーくそ、わかったよ、泣き止ませる。お、おい嬢ちゃん。一緒に探してやる。てめぇのママはどこだ。
なんでさらに泣くんだよ、俺の顔が怖いのは生まれつきだから仕方ないだろ!泣き止んでくれよぉ。

(セリフの長さの目安:30~35秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*5(ページ下部へ飛びます)


男性セリフ6監督!考え直してください!
やっぱりおかしいですよ。アイツが退部しなきゃならないなんて…。
僕は部長として、アイツのがんばりをずっと見てきました。
アイツは、なんの理由もなしに人を殴ったりする奴じゃない!
監督だって、そんなことくらい分かってるでしょう!
監督、待ってください、監督!

(セリフの長さの目安:25~30秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*6(ページ下部へ飛びます)


男性セリフ7「僕の太陽」なんてのは、ちょっと言いすぎかもしれないけど…。
君は、ひとりぼっちで俯いてばかりだった僕の毎日を、キラキラ照らしてくれた。
一緒に帰ろうって言ってくれた、その笑顔は、すごく、眩しかった。
ずっと何かお礼がしたくて、だからこの丘に連れてきたんだ。この景色をどうしても見せたくて。
気に入ってくれたかな…?

(セリフの長さの目安:25~30秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*7(ページ下部へ飛びます)


男性セリフ8君にも教えてあげようか?僕のスクープ!
野球部4番の不祥事に、学校のマドンナの熱愛、果ては教頭先生の不倫疑惑まで…!
どうどう?知りたくてウズウズしちゃうでしょ!?
…ちぇ、つれないなぁ。他の女子なら喜んで噂話に食いつくのに。
大人ぶってても、楽しいことなんて何もないよ?君は、もっと今を楽しまなきゃ。
そうだ!手始めに、僕とデートしようよ。とっても楽しい場所に連れて行ってあげる……うっ!
…痛ぁ…なにもビンタすることないじゃないか!まったくもう。

(セリフの長さの目安:35~40秒)
ひとくちアドバイスはこちら→*8(ページ下部へ飛びます)

【参考にどうぞ】
www.ayatoshi.com
www.ayatoshi.com


【合わせて読みたい】
当ブログの全てのボイスサンプル原稿は、こちらのページにまとめられています。
自分に合った台本がなかった方や、もっと色んな題材を稽古したいという方は、ぜひご参照ください。
www.ayatoshi.com
広告


声優事務所や養成所、スクール、専門学校、オーディション提出用・審査用のボイスサンプル原稿を準備するなら、オススメ台本多数の当サイトにおまかせ!
探しやすい・見やすい!あなたに合った原稿が見つかるから、合格率もあがる!芸能界への夢を叶えましょう!


【ひとくちアドバイス】

*1:序盤は距離感が大きく変化するので、そこを意識して演じてみてください。自分で録音(宅録)する場合は、距離感の変わるセリフは音割れ(声が大きすぎて、音声がきれいにとれない状態)に注意が必要です。音割れしないように、録音レベルを下げたり、自分の口とマイクの位置を離すなど調節しながら演じましょう。 演技のポイントは、メガネ野郎との関係性(上下関係)を表現することです。また、この調査を楽しんでいるのか、または嫌々やっているのかによって、全く雰囲気の違う芝居になると思うので、ぜひ両方トライしてみてください。

*2:素直で可愛らしい感じの、弟系キャラです。「お隣のお兄さん」とはよく話す間柄なのか、それともまだあまり親しくはないのか、自由に設定してください。相手の反応を見てから言うセリフが多いので、しっかりと、相手がどんな反応をしたのかイメージしましょう。それによって、表現も変わってきます。 「姉ちゃん、僕が食べ盛りだから…食べてもらおうって」の長めのセリフを、単調にならず且つナチュラルに言えるかどうかで、その人の技量が分かる台本かと思います。

*3:悩んでいる生徒(あるいは後輩)を励ましてあげる内容なので、爽やかながらも「心の熱さ」のある芝居を心がけてみてください。こういった台本は「相手を応援する気持ち」が見えないと、途端に薄っぺらな演技になってしまいます。キャラクターは、熱血っぽいキャラでもいいし、タバコをふかしていそうなクールなキャラでもハマるとおもいますが、相手よりも年上の存在であることを示したいので、セリフに落ち着きを持たせることを意識してみてください

*4:さわやかで優しいお父さん、といった台本です。外画志望の方におすすめです。子供に夢を語り掛けるシーンなので、やさしく、声をきちんと子供にかける距離感を意識してみてください。また、目の前が恐竜の発掘現場なので、広々とした空気感もほしいところです。

*5:低音が得意な男性におすすめ。最初は思い切りかっこよく演じたほうが、最後の泣いている女の子におろおろするシーンとの対比が演出しやすくなります

*6:同じ部の仲間を助けるために、監督に熱意をぶつけるという青春っぽいシーンです。最後に監督は席をはずそうとしてしまうので、「待ってください!」と声をかけるような芝居をしてみましょう。まっすぐさを、表現してみてください。

*7:青春感のあるセリフなので、年齢は10〜20歳くらいでしょうか。設定は現代の日本を想定して書きましたが、ちょっと詩的なセリフなので、海外やファンタジーの世界観でも成り立つかもしれません。丘から見える景色のは、ささやかなお花畑なのか、美しく夕陽に照らされた町なのか、きらびやかな夜景なのか。見える景色のスケールや明るさ(時間帯)によって、セリフの雰囲気も変化します。相手が同性か異性か(恋愛感情の有無)も、表現するうえで重要なポイントですので、自分なりに決めてから取り組んでみてください。

*8:風変わりなお調子者なキャラクターは、感情の起伏や相手への反応を、かなり濃いめに(オーバーに)出してみましょう。この台本は、二枚目のイケメン男子がやっているのか、それともちょっとキモい男子がやっているのかによって、かなり演じ方が変わってきます。特に「僕とデートしようよ!」は、イケメンなら女子をドキッとさせてほしいし、キモい男子なら、相当かっこ悪く誘ってください。それによって、相手の女子が照れ隠しでビンタするのか、拒絶の意味でビンタするのか変わってきます。こういう愉快なタイプのキャラクターは、演じていることを楽しんだ役者の勝ちです